バ●ブとデ●ルドを常備しているソープ嬢

  • 2014年06月17日

川崎・南町で入ったソープ嬢の個室風呂場に、バ●ブレーターとデ●ルドがたくさん並べてあって驚いた経験があります。成人してから何度もソープランドには行っていますが初めての光景でした。引いていると、彼女が説明してくれました。彼女の馴染みは年配が多く、起たなかったりする方もいるそうで、そういう時によく使用するのだそうです。
ルックスは十人並みなのですが、おっとりしたオーラに黒髪で清楚な感じ。それでいておっぱいが大きい。年配というか中年殺しな身体つきですね。
いざプレイですが、すごく丁寧です。年寄りに、こんなことしてるのか!と思うと何となく嫉妬でいきり立ってきました。
抜きはベッドではなく、バ●ブやデ●ルドが置いてある風呂場のマットにしました。シックスナインで舐めてもらいつつ、デ●ルドを彼女に刺してガンガン動かしました。しばらくすると彼女の方からギブアップ宣言。
最後はマット騎乗位で果てましたが、年配相手で鍛えたのか知ってるソープ嬢で一番の腰使いでした。

川崎ソープ|人妻専科『真珠夫人』

 

合わせて読みたい体験談