いつもより刺激的なプレイ

  • 2013年06月13日

私は毎月、給料日の後の週末に風俗を利用しています。それが安月給で働く私のささやかな楽しみとなっています。栃木という地方に住んでいるのですが、繁華街に出れば多くの店の中から選ぶ事が出来ましたので、特に不自由する事はありません。店舗型風俗も多く利用しますが、先日はデリヘルを利用しました。デリヘルは料金こそ高くなってしまいますが、恋人の居ない私には疑似恋愛を楽しめるという点からとても好きな風俗の種類です。この日も、デリヘルを利用する時にはいつも使っている店で、お気に入りの嬢を指名して、ホテルの部屋で待っていました。しかし、なかなか彼女はやってきません。もう一度電話してみようかとも思いましたが、それもなんだか悪い気がしてじっとまっていました。結局、2時間程経ってから女の子はやってきました。私は少しイラついていましたが、それよりも月に一度の楽しみですから、早くプレイをしようと彼女をシャワールームへ連れて行きました。彼女はとても疲れた様子で、あまりしゃべろうともしません。遅れてしまった事に対する謝罪もありませんでした。所詮、仕事上の付き合いなんだな、とその時点で冷めてしまいました。それと同時に、彼女に対する怒りの様な気持ちが湧いてきて、逆に興奮してしまいました。疲れている彼女の徹底的に奉仕させてやろう、そんな気持ちになったのです。実際にはいつも通りのプレイだったのですが、精神的な面で何かいつもと違っていた為、結果的にいつもよりも刺激的なプレイとなりました。

 

合わせて読みたい体験談